RSS

善玉菌・悪玉菌の働き

よく言われる「善玉菌」と「悪玉菌」の働きとはどういったものなのか?具体的に人の健康にどのような影響を及ぼすのか?

気になる点を解説していきます。



矢印アイコン(オレンジ)「善玉菌と悪玉菌の比較」

私たちの腸内には百数十種類、百兆個以上の細菌群が棲んでいます。

その中でビフィズス菌や乳酸桿菌(ビフィズス菌、乳酸桿菌、腸球菌といった乳酸を分泌する乳酸菌群を総称して「乳酸菌」と呼ばれています)などの善玉菌によって健康が保持されています。

一方で大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などの悪玉菌は腸内に送られてきた食物を腐敗させ、アンモニア、硫化水素、アミン、インシドール、スカトール、フェノールといった有害物質(発がん性物質も含む)を作り出し、便秘や下痢、肌荒れなどを引き起こしたり、老化や生活習慣病を引き起こしたりする原因になります。

健康を維持・増進するためには、善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制しなければなりません。

善玉菌・悪玉菌効果比較_乳酸菌醗酵物質サプリメント乳醐[ニュウゴ]



矢印アイコン(オレンジ)「明らかになった善玉菌と悪玉菌の健康への影響」

善玉菌と悪玉菌の人体への影響について、東京大学名誉教授の光岡知足氏は、下図のような仮説を提唱しています。

教授は、善玉菌の有用性については「ビタミンの合成、消化吸収の補助、病原菌の感染防御、免疫機能の刺激」を挙げ、これが健康維持・増進につながるとしています。

また、悪玉菌の有害性については「腸内腐敗、細菌の毒素産生、発がん性物質の産生」を挙げ、これが「便秘・下痢、発育障害、肝臓障害、動脈硬化、高血圧、がん、自己免疫疾患(アトピー・花粉症等)、免疫抑制」などにつながるとしています。

これらの仮説はその後の様々な研究によってほぼ事実であることが立証されています。

善玉菌・悪玉菌効果比較(詳細)_乳酸菌醗酵物質サプリメント乳醐[ニュウゴ]

(出所:光岡知足著「人の健康は腸内細菌で決まる!」より抜粋・加筆)




ページトップへ