RSS

乳酸菌醗酵物質の歴史

乳酸菌醗酵物質はどのような過程で誕生したのでしょうか。

ここでは乳酸菌醗酵物質誕生までの歴史をご紹介したいと思います。



矢印アイコン(オレンジ)「ヨーグルト不老長寿説」と「乳酸菌療法」の流行

人間の寿命に関連して独自に感染症の研究を行っていたロシアの細菌学者イリヤ・メチニコフ教授が提唱したのが「ヨーグルトの不老長寿説」でした。

メチニコフ教授は、長寿国の人々が日常的に食べていたヨーグルトの中に細菌を発見し、もしかすると、この細菌が長寿の秘密に深く関わっているのではないかと気づきました。

そして、研究の末、ある特定の細菌を体内に取り入れると、それが腸内悪玉菌の増殖を抑制し、毒素の発生を防止することにより、病気にかかりにくくなるばかりか、老化も防ぎ長寿を保つことができるという重大な事実を発見するに至りました。

これがいわゆる、のちの「乳酸菌療法」と呼ばれるものになるわけです。

この画期的な療法が、ヨーグルトという食べ物とともにアッという間に全世界に広まったのは言うまでもありません。

しかし、ヨーグルトという食べ物を全世界に広めたという点においては大きな功績を果たすことにはなったのですが、この療法上の効果となるとその後の研究で2つの大きな問題があることがわかってきました。

それは、乳酸菌という1種類の細菌だけを用いたという点。次に、生きた菌、すなわち生菌を取り入れたという点、この2つの欠点が指摘されたのです。

私たちの腸内に棲んでいる細菌は、お互いに助け合って生きています。

1つに分離されてしまうとその能力、働きが非常に弱くなり、腸内での繁殖率が大幅に低下してしまうことになるのです。

ですから、1種類の乳酸菌だけでは療法上の効果は極めて薄くなってしまうわけです。

次に2つ目の問題点ですが、生菌を体内に取り入れても、たいては消化液や分泌液の抵抗にあい、弱ったり死んでしまったりして、腸内に到達せずすぐに体外に排泄されてしまう点です。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、互いに協力し合って腸内で活発に働いていればこそ悪玉菌の働きを抑え込み、身体を元気にしてくれるわけで、ヨーグルトを日常的に食べていた人々が長寿であった理由も、実はそのヨーグルトの中には特定の乳酸菌だけでなく他の善玉菌も含まれていればこそだったのです。

1種類の細菌を生菌で飲んでもそれほど効果はなかったにせよ、メチニコフ教授の乳酸菌療法は確かに素晴らしいもので、この研究によってノーベル賞が与えられたのも当然だったと言えるでしょう。

この療法が提唱されたからこそ、乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌などの生菌が腸内で助け合って働くというその後の事実も判明し、また、協力し合える菌、反発し合う菌があることなどもわかってきましたし、次のような画期的な発想を生み出すきっかけを与えてくれたのです。

つまり、「生菌を飲まなくてもその分泌物や菌体成分さえ腸内に入れてやればいいのではないか。」という発想です。

この発想のもと研究が行われた結果、共棲しうる菌、つまり協力し合える菌同士を選択し十数種類の善玉菌を共棲培養すると、各種菌が最も強力で、かつ最も有効な成分を生み出すことが判明しました。

その最も有効な分泌物を抽出し、精製した物質が「乳酸菌醗酵物質」です(または乳酸菌生産物質とも呼ばれています)。

乳イリヤ・メチニコフ

(イリヤ・メチニコフ 1845-1916)





矢印アイコン(オレンジ)「乳酸菌醗酵物質」の誕生とその起源

乳酸菌の研究は、実は日本でも案外と歴史は古く、昭和7年には正垣一義氏の手により乳酸菌醗酵物質の研究がスタートしていました。

正垣氏がこの研究をスタートするきっかけとなったのは、かつて西本願寺門主であり、祖親鸞派の血脈を受け継ぐ大谷瑞師の言葉でした。

大谷師は、チベット探検、仏教研究、著作活動、そして細菌の科学的探究と幅広く活躍した人物でした。そして、2500年前に釈迦が残した経典の中に、ある善玉菌の分泌物についての教文を発見し、そのことを教示したのです。

その教文にはこう記されていました。

「大涅槃経は醍醐(だいご)のごとく、最上最妙なり。若能く服する有れば、衆病悉く除く。一切諸薬は悉く其の中に入る」

すなわち、「醍醐(だいご)」というものさえ飲んでいれば、他の薬は一切不要だと言っているのです。

この醍醐(だいご)とは一体何でしょうか。辞書を引いてみると醍醐(だいご)とは「乳を精製して作った濃厚な甘い汁。仏の最上の経法」とありますが、これだけではよくわかりません。

ところが、釈迦の経典には、醍醐(だいご)の製造過程まできちんと記されているのです。この過程を見ると驚かないわけにはいきません。

その記述によれば、「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より生酥を出し、生酥より熟酥を出し、熟酥より醍醐(だいご)を出すがごとし。醍醐(だいご)最上なり」とあります。

乳とは栄養分を備えるための「培養基」となっています。乳から脂肪分を取り除くと酪となり、生酥というのは生菌のことを意味しています。

そして、生きた菌たちが共同して熟したところで、たくさんの分泌物を作り出します。

この分泌物が醍醐(だいご)だというわけです。

要するに、乳酸菌醗酵物質の歴史をたどると何と2500年前までさかのぼることになるのです。

はるか悠久の昔、すでに釈迦が乳酸菌醗酵物質の存在を指摘していた事実にはただただ驚かされるばかりです。

歴史を辿れば、釈迦の教えがその後のメチニコフ教授の乳酸菌療法や日本の正垣一義氏の研究などによって科学的に裏付けられてきたことになります。

とにかく大谷師は、経典の中からこの部分を発見し、万病に効くという乳酸菌醗酵物質の存在を知りました。

そして昭和7年、大谷師に従事した正垣氏が研究に入りました。

正垣氏はフランス式細菌研究室で有効細菌を研究し続けた結果、11年後の昭和18年、ついに十数種類の菌を培養することによって、最も効力の大きい乳酸菌醗酵物質を醸成することに成功しました。

正垣一義氏

(研究中の正垣一義氏)





矢印アイコン(オレンジ)その後の「乳酸菌醗酵物質」の状況

こうして、正垣氏によって画期的な研究結果がもたらされたわけですが、乳酸菌醗酵物質は、戦時中は「潤性ソキン」という名で軍隊に登録され、主にマラリア、腸チフスなどの予防薬として利用される程度でしかありませんでした。

簡単に言えば整腸薬として利用されていたわけですが、この点から考えて、乳酸菌醗酵物質がいかに画期的であったかは当時はまだあまり認識されていなかったことがうかがえます。

軍隊で利用された以後は、主に開発者の身近な人々の間でのみ愛用され、一般的にはあまり知られる存在ではなくなりました。

しかし、その後、乳酸菌醗酵物質の効果について、慶応義塾大学の梅沢教授らの報告がなされるようになり再び脚光を浴びるようになったわけです。





矢印アイコン(オレンジ) 医学・生理学的な検証

これら乳酸菌醗酵物質の効果を医学的見地で証明したのが、ノーベル賞候補にもなった農学博士の小牧久時氏です。

小牧博士は1982年、大阪医科大学長・山中太木博士、京都微生物研究所・綾詰巌先生らの共同研究のもと、乳酸菌醗酵物質の驚くべき効果について次のように報告しています。

マウスを2つのグループに分け、一方にだけ乳酸菌醗酵物質を与えたところ、乳酸菌醗酵物質を与えたマウスは、眼、毛、皮膚などに著しい変化が現れ、栄養状態も極めて良好で、体力にも歴然の差があったそうです。

また、ウサギに肝機能障害を起こさせた後に乳酸菌醗酵物質を与えるという実験では、BSP濃度(ガンマー)が早く回復することもわかりました。

;高血圧、脳出血、心臓病の原因と考えられている血糖コレステロールに関しても実験が行われ、乳酸菌醗酵物質を与えられると血糖値が低下し、血圧が正常化することも確認されました。

さらに、がんに対する実験も行われ、乳酸菌醗酵物質を投与しなかったマウスの生存率がわずか0.6%であったのに対して、乳酸菌醗酵物質を投与されたマウスは約37%の生存率を示すという結果も得られたとのことです。

小牧博士は、「これらの生理作用は、腸内細菌の改善に由来するものと考えられる。乳酸菌醗酵物質が病原菌やその他の悪玉菌、あるいは悪性腫瘍に対して独自の阻止作用を持っていることが明らかになった」と語り、乳酸菌醗酵物質が病原菌微生物の活動を封じ込め、それらを自然死させているのではないか、つまり病原菌微生物の周囲に「阻止帯」と呼ばれる帯状の柵を作り、外へ出さないようにしているのではないかと、報告を結んでおられます。

要するに、悪性の病原菌や悪性腫瘍を兵糧攻めにし、阻止するというわけです。

そして、乳酸菌醗酵物質の優れた点は、これだけの働きをしているにも関わらず、決して健康な細胞は傷つけず、もちろん他の有効菌を死滅させることもないということです。

そのほかにも、慶応義塾大学の梅沢純夫博士と佐々木正五博士は、乳酸菌醗酵物質が結核菌の繁殖を阻止することを突き止めました。

それも1000倍に薄めたもので効果があったということですから、乳酸菌醗酵物質がいかに強い作用を持っているかがわかります。

梅沢博士は、乳酸菌醗酵物質には消毒作用、解毒作用、防腐作用もあり、栄養上の価値も非常に高いことも指摘されています。

一方、佐々木博士は、赤痢菌、チフス菌、大腸菌などへの実験において、0.5%に薄めたものでも完全に細菌の発育を阻止したというデータを提出し、小牧博士と同様、まったく毒性がなく副作用もないことを明言されました。

小牧博士、佐々木博士とも日本を代表するほどの微生物研究の第一人者です。

これだけの専門家が乳酸菌醗酵物資の働き、効果に驚いているのです。象徴的なのは小牧博士の次の言葉です。

「私はこれまで有効微生物について研究してきましたが、多種多様の有効微生物の中から特に厳選された数種類の有効微生物を一定の規律に基づいて長期共棲培養し、特殊有効物質、すなわち乳酸菌醗酵物質を醸成させる方法は、いまだ世界でも類を見ないもので、大いに感心しました」

いかがでしょうか。乳酸菌醗酵物質の発見がいかに画期的な出来事であったか納得できたのではないでしょうか。

(「細胞がよみがえる驚異の乳酸菌生産物質/コスモトゥワン/東原隼一」より一部抜粋・加筆修正)


ページトップへ